No.173

2015.08
三津子の俳句つうしん







万緑や楽しい病気しています


今年は、椎間板ヘルニアの症状が強く出た。私は朝、目覚めたら、「ついてる、ついてる、私はついてまーす。がっはっはぁ」と大音声。

その声を木々のみどりが飲みこんで。    
























♪この夏の暑さを忘れましょう♪

















血縁の遠くなる日や蝉しぐれ


血の繋がっている親類であっても、離れて暮らしていれば行き来も少なくなり、急を要する出来事でも助けられることはない。

赤の他人であっても、自分の近くにいる人のほうが、かえって力になってくれるという感じが強いこのごろ。











佐渡島は少女の瞳をしていたり


母が「佐渡ヶ島って、そりゃ可愛いところよ。あんたも行ってらっしゃい」。何度も言われていたのにまだ実行してない。羽田空港の待合室で隣り合わせになった、ご婦人が「私は佐渡で呉服屋をしているの」

と、たくさんお喋りをした楽しい思い出あり。










        
夏の霧しりとり遊び切りもなや


朝のウォーキング中、20分ぐらいは、しりとり遊びをやりながら歩いている。交感神経が活発にうごきだす時間帯、言葉が出るは出るは面白いように。

1人しりとりとは言え、脳活性化には効果的かも~ワオワオ。












骨太はシワにならない竹夫人


先日、テレビ放送から、骨太の女性は顔にシワが出来にくいと言って私を喜ばす。ずいぶん前から知っていたけれどテレビから聞こえてくるとは。

そのむかし、自分のブログにも書いたっけ。


















蝉しぐれ小さな湧き水見つけたり  




オオムラサキの飛行日和やペアリング  




新幹線虹を渡ればユーラシア




白南風や能登島かすかに伸びたよう  




白南風は風の丘より始まりぬ