臘梅に港の光透けてをり           加藤 明虫  

前へ 色紙のTOPへ次へ