No.196 
    2016.01

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
天霧るを吸うかに象の鼻のびる 中村 和弘
人日や家に静寂戻りけり 大瀬 響史
秋愁しぶきを上げて鯉蹤き来  加藤 明虫
生きるとはわが体内の無月かな 瀬間 陽子
風裏がへし風裏がへし雪の降る 吉本のぶこ
枯園へ甘い絵の具をしぼり出す 天近美津子
物干しの端に一本懸大根 清水山楂子
後の月土白々と這い上がる 小川玖美子
菜の花や寡婦くろぐろと微笑みぬ 佐々木貴子
走り根につまづいて風死んでおり 山本千代子
獣道通草の皮の落ちてをり 三宅 不遜
鶏頭や夕日ゆっくり重くなる 小林千香子
雲井より黒丑曳きて初春に候 足立 あい
末枯れやお菓子の時間そっとある   榎本 祐子
抱いて寝る山霧の子の柔らかさ   奥山 和子