No.195 
    2015.10

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
秋暁の戸のすき間なり米研ぐ母 山田 径子
虫の音に満ちたる湯舟誕生日 寺山 修司
一人湯に行けば一人や秋の暮  岡本 松濱
天高し不愉快な奴向うを行く 村山 古郷
天高く事情聴取はつづきをり 櫂 未知子
天高しみんなが呼んで人違ひ 内田 美紗
天高く高層ビルの檻にゐる 伊藤 実那
深川や馬穴に小判草育て 田中 麻衣
痛みやや遅れて来たり敦盛草 我妻 民雄
茂る木の無音が奥を広げおり 清水 智子
いかづちやもとより吾の中に雷 関根 かな
一片の詩も残さずに白蛾死す 渡辺 規翠
蜻蛉の翅の鉄路を聞くかたち 瀬古 篤丸
青葡萄一粒づつに夏過ぎゆく  増田 陽一
唄ひだす喉の暗さやみなみ風  鯉沼 桂子