No.194 
    2015.09

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
青かりん言葉がふっとひとり歩き 伊藤 淳子
魚の骨緻密な秋の一つです 大沢 輝一
存在が大口あけた柘榴の実    岸本マチ子
虫鳴くと鼓膜にうつくしき真闇 北村美都子
木犀よりも密なる星座といて安堵   小林 まさる
句を詠めり鶴が機織る夜のごとく 佐藤 詠子
逃げ水や人は十指をもてあまし 白石 司子
小鳥来る二羽は間違いなく雀 中内 亮玄
捨てられぬ亡夫の歯ブラシ茶立虫 中村 道子
太古より空埋める星鮭のぼる 新野 祐子
鶏頭花頭の中はこんなもの 松本 勇二
てのひらの上の無花果医学生 宮崎 斗士
青林檎親を諭して娘の帰る 村上 清香
月を見る手ぶらの翁こそ勇姿 村上 友子
一字一字夕ひぐらしの声かな 茂里 美絵