No.192 
    2015.07

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
大鯉の口腔見えし芒種かな 中村 和弘
つばめ来い家族をひとつ壊してから 瀬間 陽子
春夕焼イオンモールもコストコも    宮本 八奈
岩盤に蜥蜴岩盤息づける       岡本 雅洸
じやがいもの花に雨来る手紙来る    芝崎芙美子
まだかたちなどなく朝の水澄めり 遠山 郁好
母という難儀なるもの柏餅         重松 敬子
黙っていれば花いちもんめあげる 河西 志帆
ひきがえる私の視線感じるか 河野 志保
夏つばめ村人軽口たたくよう 児玉 悦子
蛍追う深きところに母の闇 白石 司子
夏つばめ一回きりの恐山 舘岡 誠二
初夏の母よ箪笥の鐶が鳴る 新田 幸子
更衣座敷わらしのべべ畳む 山谷 草庵
クレマチス妻を名前で呼ぶことはない 宇田 蓋男