No.191
    2015.06

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
日本は泥の国なり菖蒲咲く 中村 和弘
鞦韆やエッフェル塔を蹴るつもり 小林 政女
無言劇惚けちまったねこじゃらし 市原 光子
マスクとる虎のおしつこには注意 小川 楓子
逃げ水や人は十指をもてあまし 白石 司子
夕桜子の手をとれば握りくる 黒沢みどり
誰も容れぬ大きな瞳卒業す        大岩しのぶ
城山の谷々かけて囀れる 伊達多喜子
風やめば囀はたとやみにけり 中江すみ江
人生の足音はやし雛納 荒木ひでこ
春雪の更地の過去と未来かな 藤咲 光正
淋しさは春の夜の扉を叩くなり 吉野 中瓶
きそのなあてっぺんの銀河凍りつく 宮坂 秀子
馬撫でるよう半島の荒布干し 武藤 暁美
石蕗咲くや母を見初めた父が好き 森武 晴美