No.190
    2015.05

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
鳥籠の竹(ひご)磨き春逝けり 中村 和弘
午前より午後のみじかし藪椿 中原 道夫
花祭り終へて小さき村となり 廣瀬 布美
昭和の日錆びた画鋲がとれなくて 中内 火星
春風を塗り込めてゐる左官鏝  山本 春川
いきものの素足や月に触れてゆく 榎本 祐子
春の土母死にたくて生きたくて 菅原 和子
少年は透明な矛盾梨の花 伊藤 雅彦
かたちなき言葉の武器や霾ぐもり 加藤 昭子
残雪や黒髪の根の焦げ臭き 野崎 憲子
春土は涙を埋めてしずかなり 守谷 茂泰
春寒し鳥のかたちに星繋ぎ 柳生 正名
遠く見るためのしんがり長崎忌 有村 王志
今という迷宮があり利久梅 大高 宏充
手押し車で移されてゆくオットセイ 菊川 貞夫