No.189
    2015.04

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
トーテムポールに巨鳥の貌や木々芽吹く 中村 和弘
狐火のひとつは匂ふ影を持つ   泉 風信子
素直になればわが半島につばめくる 山内 崇弘
蜂の巣に夜の歩哨が立っている 福島 美樹
へいわとはおく万円よりいいものだ  浦川 日向
クローバーに踏み込みまろび金婚なり 中尾 和夫
リラ冷えや物申すとき口うごく 中村 裕子
代掻機田の切れ端を持ち帰る 西又 利子
風の一日の駱駝に夏毛人に黙 野田 信章
蟻の列津波の記憶引きずって 本田ひとみ
八十八夜卵ほのかに翳りゐる 前田 典子 
白い梅ふしぎそうに皆年をとり 三井 絹枝
牛の鼻撫でふくしまの花まんさく 武藤 暁美
青嵐石に馬乗りして石屋 武藤 鉦二
ほたるぶくろ星空のごと覗きこむ 守谷 茂泰