No.188
    2015.03

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
大寒のうっすら紅き鉋屑 中村 和弘
冬の地震わが身の内の零地帯   阿保 恭子
青虫とる指の鮮烈あたたかし 稲葉 千尋
青かった地球は昔むかしかな 大西 政司
猪の背に星のあまたの家郷かな 小原 恵子
狐振り向き別のわたしを見つめおり 前田 典子
返り花肩に力を入れる癖 松本 悦子
羽音よりさみしげにいる嫁が君 三井 絹枝
一念を通し裸木のごとく立つ 山田 哲夫
手術痕自慢の二月礼者かな 石川 義倫
凍てている地の水たまりたなごころ 伊藤 淳子 
ふるえているこころ白ふくろうに寂 榎本 祐子
古稀という明日は紅鮭ほどの艶 狩野 康子
早春やこのぶっきらぼうな雑木山 小池 弘子
春の土母死にたくて生きたくて 菅原 和子