No.187
    2015.02

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
鳥声は波動を帯びて梅咲けり 中村 和弘
踵からねぶた囃子に浮かれけり  鎌田 史子
曼珠沙華いまいましきは加齢かな 阿部 一葉
玄海は無頼な匂ひ鳥渡る 伊佐 利子
無月かな我に家族という羽音 佐孝 石画
雑学や奥歯に残る鱧の骨 菅原 和子
難聴に差別に耐えて新酒かな 峠谷 清広
童女いてかなかなの神様の隣り 遠山 郁好
無言館もう一度あなたの瞳みつめる 梨本 洋子
バックミラーの狐火こぞって右折かな 平塚 幸子
栃の花愚かな電波地に充つる 藤井 清久 
山岳や鴉の芯のおぼろなり 北條 貢司
ブラジルで作句覚へてふらここに 右田 春雪
泥の音ちかづく顕るる蓮根堀 柚木 紀子
柿にのこる渋は句友のごときもの 金谷 和子