No.185
    2014.12

                                                                                             



秀句奨選




                                                                      
ぼうたんの忿怒の相を描きだす 中村 和弘
穂薄の一群おだやかな爆発  宇多喜代子
天人を育ててゐたり芒波 加藤 明虫
船だまりつながりあって昼寝時 當山 孝道
神木の大きな耳や小鳥来る 及川  明子
旅の果て我が家の庭こそ良夜かな 北原  千枝
筋力で咲かせてゐたるさるすべり 青木  夢子
蠟涙の百億の星咳けり 佐々木貴子
父いまも陛下の赤子彼岸花 小柳慶三郎
人体は冬の装置のごと清し 岡崎  正宏
冬の寺微塵はひかりまみれなり 大高 宏充 
木菟や正にまじめに鬱っぽく 阿保 恭子
枯蟷螂まだ斧あげてわが身かな 岡崎 万寿
百済という在に機関区草雲雀 竹内 羲聿
弱法師を舞うた昔よもがり笛 日秋 英子