No.184
    2014.11

                                                                                             



秀句奨選




                                                                
捨案山子風ぽさぽさになってきし   小川 軽舟
人生の生暮れの秋深きかな 永田 耕衣
ゆふぐれの桃の木に鍵かけておく 柿本 多映
月明のセシウム光りおるならむ 大口 元通
雪催ダンスの手足遊泳す 浦川  聡子
七五三しつかりバスにつかまつて 綾部 仁喜
行き場なき漂流家族秋出水 石川 青狼
とんぼ飛ぶ音なくてこの日常感 伊藤 淳子
林月明り短信ときに短剣なり 村上 友子
煮凝りの家族がまたぐ虚無地獄 京武 久美
手の届く処に聖書秋出水 小林 晋子 
嘆きの壁伝うヤモリにカシオペア 田井 淑江
小春日やものみな午後の位置にあり 清水 青風
へちま忌や筆談の文字正されて 高木 一惠
まっすぐに曲がっておりぬ初宇宙 前田  霧人