No.183
    2014.10

                                                                                             



秀句奨選




                                                                
脂ぎる羽毛をのせて水澄めり 中村 和弘
母が割るかすかながらも林檎の音 飯田 龍太
セザンヌの林檎小さき巴里に来て 森尻 禮子
りんご箱りんごの隙の紅い闇 日野 口晃
凧とぶや僧きて父を失いき 寺田 京子
林檎もぎ空にさざなみ立たせけり 村上喜代子
林檎買ひくる妻わが街を拡大せり 磯貝碧蹄館
老いよとや赤き林檎を手に享くる 橋本多佳子
林檎投ぐ男の中の少年へ 正木 ゆう子
推理小説りんごの芯に行き当たる 小枝恵美子
すっぽりカーテン女子寮は青無花果 小堤 郁代
いちじくに唇似て逃げる新妻よ 大屋 達治
無花果を煮るふだん着の夕べかな 井越 芳子
さやうなら笑窪荻窪とろゝそば 摂津 幸彦
日本シリーズ過ぎ行くままに命過ぐ 品川 良夜