No.182
    2014.09

                                                                                             



秀句奨選




                                              
荒涼と昼寝の貌をさらしおり                    中村 和弘
まぼろしの父冬瓜にもどりけり 中岡 草人
苺ミルク考へぬひと美しき 竹岡 一郎
初秋の人みなうしろ姿なる 星野 高士
物音は一個にひとつ秋はじめ 藤田 湘子
寝ておれば家のなかまで秋の道 酒井 弘司
誰もゐない山の奥にて狂ふ秋 沼尻巳津子
万屋に秋は来にけり棒束子 川崎 展宏
少年一人秋浜に空気銃打込む 金子 兜太
赤き帆とゆく秋風の袂かな 原    裕
夏サンバ熱帯魚の羽奮ふ 加藤 明虫
大寺の屋根もろともに万緑す 北村 風居
梅雨晴間掃除ロボット走りだす 神山   宏
クレーンの動くより緩く四葩咲く 秋元 道子
時計鳴る芍薬ぽたりと崩るなり 小川 七穂